抜かない、削らない、歯を守り隊

歯を削らない治療室/抜かない、削らない、あなたの歯を守り隊



無料相談はこちらから

米国マーケット大学歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス
米国補綴歯科学会認定医

ストリークによる歯質強化治療

歯を強化する歯質強化治療とは

歯の表面では酸化によりエナメル質が溶け出す脱灰と、唾液が歯のミネラルを補う再石灰化が絶えず繰り返されています。

しかしそのバランスが崩れて脱灰に傾くと、虫歯になってしまいます。

脱灰の状態が続くと、虫歯はどんどん進行していきます。

ストリークはエナメル質や象牙質の酸耐性化を高め、脱灰が起きにくい歯に強化することが可能です。

歯質強化治療には以下のような特徴があります。

多くの大学や研究機関が効果を実証

歯科用レーザーにはNd:YAGレーザー、半導体レーザー、Er:YAGレーザー、CO2レーザーの4種類がありますが、ストリークは最新のNd:YAGレーザー治療器です。

Nd:YAGレーザー治療器の研究は多くの大学や研究機関で行われています。

エナメル質と象牙質の耐酸性を上げて歯質を強化する効果が研究論文で実証されています。

痛みが無く麻酔もいらない

高血圧で麻酔を使うと心拍数が上がってしまう方、抗精神薬をお使いの方、ご高齢で麻酔を使用したくない方の中には歯科治療に躊躇される患者さんもおられます。

ストリークの高温のプラズマ光球体エネルギーには一時的に神経を軽く麻痺させる働きがあるので痛みをほとんど感じません。

麻酔無しでも痛み無く歯質強化できます。今まで歯科治療から足が遠のいていらっしゃった患者さんにもお勧めです。

治療が早い

ストリークによる歯質強化治療は1本にかかる時間はおよそ1分ほど。

上下の歯全体でも、たった30分~1時間しかかかりません。

遠方から長時間かけて来られる方、仕事が忙しく、職場から長く抜けて来られない方、小さなお子さんを子育て中の主婦の方にも大変好評です。

詰め物や被せ物の虫歯再発を防ぐ

歯を削って詰め物や被せものをする場合、歯と詰め物・被せ物の間から虫歯が再発するリスクが上がります。

ストリークの歯質強化治療は、プラズマ光球体の熱エネルギーによって、削って露出した象牙質の耐酸性を高めるため、詰めたり被せたりする前にストリークで処置を行うと再発予防にとても効果的です。

矯正治療にも効果的

矯正中は口腔内にたくさんの矯正装置が入るので、歯磨きが難しく、虫歯を作ってしまうことがよくあります。

矯正前にストリークの歯質強化治療でエナメル質や象牙質の耐酸性を高めておくと、矯正中の虫歯予防に効果的です。

さらに矯正中の痛みの緩和や、歯の移動の促進にも効果があります。矯正を嫌がるお子様にもお勧めです。

ホワイトスポット治療にも効果的

修正液でも塗ったように見える画像の歯の白い部分は専門的には『ホワイトスポット』と呼ばれています。

ホワイトスポットには2つの種類があります。

1つは歯の表面のエナメル質の酸性化によって、エナメル質のカルシウム成分が失われる脱灰を起こして白濁してしまうもの、
もう1つは歯が作られていく時に起こるエナメル質形成不全によるものです。

ストリークによる歯質強化治療は、薬剤をエナメル質内部に浸透させる強い効果があるため、オーラループ(エナメル質を再石灰化させる薬剤)との併用でホワイトスポット治療に効果的です。