抜かない、削らない、歯を守り隊

歯を削らない治療室/抜かない、削らない、あなたの歯を守り隊



無料相談はこちらから

米国マーケット大学歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス
米国補綴歯科学会認定医

ヒールオゾン治療

ヒールオゾン治療とは

ヒールオゾンとは、虫歯にオゾン照射をすることによって、虫歯を削らずに99%の虫歯菌を殺菌できる装置です。
オゾンの殺菌力は塩素の7倍、ごく初期の虫歯であれば、歯を削らずに治療を完了できます。
痛みはほとんど無く、麻酔もほぼ必要ありません。

神経まで達しているような深い虫歯でも、虫歯の部分だけ削り、ヒールオゾンで消毒・歯質を強化してから被せ物をします。
そのため歯を削る量は最小限で、神経を残せる可能性が高くなります。

また、ヒールオゾンは虫歯予防や歯周病予防にも効果があります。

オゾンとは

オゾンとは大気中に存在し、成層圏ではオゾン層を形成してバリアを作り、太陽からの有害な紫外線を吸着して生態系を保護しています。

オゾンは薄青色の気体で、酸素の同素体(同一種類の元素で出来ているのに構造が互いに異なる物質)です。
強い酸化作用を持つので、殺菌・ウィルス不活化・脱臭・脱色・有機物の除去が可能です。

また、有害物質を排出する心配が無いので、オゾンを人工的に発生させて、医療・食品・農業・畜産など様々な分野で使われています。

ヒールオゾン治療器の構造

オゾンは殺菌力が高く、有害成分を排出せず有用性が高い物質ですが、酸化作用による人体への影響が問題となっていました。

ヒールオゾン治療器では閉回路と呼ばれる構造により、発生したオゾンガスがお口の中に漏れ出さないように治療器内部で発生・分解を行っています。

ヒールオゾン治療の実際 (初期虫歯)

歯の表面のエナメル質で虫歯の深さが2mm以内のC0・C1レベルの初期虫歯であれば、ヒールオゾンを照射、さらに歯の再石灰化を促すMIペーストを使って、歯を削らずに治療ができます。

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

最初に重曹入りの高圧の水を歯に吹き付けて
丁寧にクリーニングします。

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

次に虫歯の深さを見極めるためにダイアグノデントペンと呼ばれる機器で、虫歯の進行具合を数値化します。

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

ヒールオゾン機器でオゾンを60秒ほど照射し、虫歯菌を完全に殺菌します。
痛みはまったくありません。

ヒールオゾン治療後、歯の再石灰化を促すリン酸カルシウムとフッ素を配合したミネラルペースト「MIペースト」を塗ります。

その後引き続きご自宅でもMIペーストを使用します。

ヒールオゾン治療の実際(進行した虫歯)

新型のヒールオゾン機器は、象牙質の虫歯の場合6mmの深さまで殺菌が可能になりましたので、深い虫歯にも対応できるようになりました。写真の右側の歯は、通常の治療では、虫歯を削って除去すると、神経まで達してしまい、神経を抜かなければならないような深い虫歯です。

虫歯をほとんど削らず、ヒールオゾン機器で高濃度の
オゾンを60秒照射します。

そして、歯の再石灰化を促進するリン酸カルシウムと
フッ素を含む『MIペースト』を塗り、仮の詰め物を
します。

その後、引き続き1ヶ月~3ヶ月間、『MIペースト』をご家庭で、使用しながら、歯質が硬くなり、再石灰化するのを待ちます。

1ヶ月~3ヶ月後に、仮の蓋を取り、歯質が硬くなっていることを確認してから、本物の詰め物を行います。

ヒールオゾン治療のパンフレットダウンロード