抜かない、削らない、歯を守り隊

歯を削らない治療室/抜かない、削らない、あなたの歯を守り隊



無料相談はこちらから

米国マーケット大学歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス
米国補綴歯科学会認定医

ドックベストセメントの安全性と治療法

安心な天然ミネラル由来のドックベストセメント

ドックベストセメントは、主成分が銅・酸化亜鉛・酸化チタン・リン酸・水酸化アルミなどの天然ミネラル由来です。

天然由来のセメントで患部を塞ぎ、一定期間の時間をかけて、人間が本来体内に持っている抗菌力と天然ミネラルの力で虫歯菌を死滅させ、元のような硬い歯質に戻します。

このセメントはアメリカで開発され20年以上経ち、その有用性、安全性、継続性が実証されています。

ドックベストセメントに似た治療法で3Mix法がありますが、3Mixは抗生物質のため妊娠中には使用できず、アレルギーを引き起こす可能性もゼロではありません。

また、3Mixはもともと固まる性質が無いので、しっかり蓋をしないと殺菌効果が下がってしまいます。そのため歯科医師の技術により治療効果が左右される恐れがあります。その点、ドックベストセメントは硬く固まるので安心です。

治療の概念

ドックベストセメント治療前

【治療前】
普通、虫歯治療では、虫歯菌に感染してしまった歯質(軟化象牙質)を完全に除去しますが、ドックベストセメント治療では、軟化象牙質(虫歯)を完全に除去すると神経が出てしまう時、この感染してしまっている軟化象牙質(虫歯)を完全に除去しないで意図的に残します。(右図茶色の部分)

ドックベストセメント治療中

【治療中】
残った軟化象牙質(図M)の表面をパーフェクトペリオという虫歯菌の殺菌水で殺菌洗浄した後、ドックベストセメントの殺菌成分を歯の内部に浸透しやすくするコーパライトという薬液とドックベストセメントの粉を混ぜ合わせた薬液(図C)を塗り、その上からドックベストセメント(図D)で封鎖します。

ドックベストセメント治療後

【治療後】
その後、ドックベストセメントを残したまま、通常の詰め物(図の青い部分)をして、治療は完了します。

そして、1年程度で、虫歯菌に感染した軟化象牙質がドックベストセメント(右図黄色とピンクの部分)の鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力によって完全に殺菌され、軟化象牙質は、再石灰化して硬い象牙質になります